出会い系サイトで二人もの女性と知り合ったとは言うけれど、最初から出会い系サイトを使おうと思っていたわけではありません。今では出会い系はなくてはならないものになりましたが、最初は僕だって出会い系サイトに対して良いイメージを持っていませんでした。一昔前にワンクリック詐欺だとか架空請求などの悪い報道を聞いていましたし、悪質なサイトが多いと聞いていたから、まず出会い系サイトを使おうなんて考えていませんでした。

 

なので最初はフェイスブックで出会いを探そうと思いました。まずフェイスブックの友達の増やし方を調べて、女の子との接点を増やそうと思いました。今ネットでフェイスブックの友達の増やし方を検索すると色んな情報が出てくるんです。むやみやたらに増やすと規制が掛かってアカウントが停止になってしまうので、しっかり調べて友達を増やしました。すると今まで100人くらいしかいなかった友達が、一気に500人くらいまで増えました。しかし恋愛に発展することは一切ありませんでした。

 

結構多くの女性にメッセージを送ったんですよ。まずはお友達から仲良くなりましょうって。そこまでは順調だったんです。お互いの投稿にいいねしたりコメントをし合ったり。だけどそれ以上の関係になることはありませんでした。今考えると当然の事だったんです。フェイスブックは出会い系を違って、全員が全員恋愛目的で使っているわけではありませんから、恋愛に発展する確率は極めて低いんです。僕がいくら本気で彼女を探しているんだとしても、相手の目的がちがければ成就しないのは当然です。もしも恋愛目的の人を見つけられたとしてもそこまでの労力は計り知れません。僕も400人友達を増やしたのに、誰一人として恋愛目的の人はいませんでした。そう考えるとフェイスブックで出会いを探すのはあまり賢い方法ではないと思います。